川崎重工業キャリア採用サイト

川崎重工業キャリア採用サイト

JOB DESCRIPTION募集職種詳細

AI・機械学習を活用したデータ利活用推進 リーダー/担当【DX戦略本部】
職種 DX推進(ユーザー側) 
部門 / 企業 DX戦略本部 
仕事内容 AI・機械学習・最適化技術を利用したデータ分析および課題抽出・業務改革支援をお任せします。

〜具体的には〜
・事業部門の各バリューチェーン(開発・製造・調達・販売・物流等)における課題を、AI・機械学習・最適化技術など先端デジタル技術を
応用しながら分析し、解決していきます。
業務効率/精度/品質向上、属人化から汎用化、コスト低減などAI技術を基に業務改革を推進し、全体のDX化を実現します。

.如璽進析技術の実践業務担当者1〜2名、
▲如璽審萢僂砲茲覿般害革支援担当者(チームリーダー)1名
計2〜3名募集

〜募集背景〜
増員募集。当社ではバリューチェーンの最適化、サービス事業強化(ものからコトヘのシフト)、およびそれらを支えるための全社DXを推進しており、バリューチェーン全体にまたがる AI・機械学習を活用したデータ利活用の推進とこれを支えるクラウドを活用したプラットフォームの構築が急務となっております。それに伴い、人員を増強したく募集します。 
当ポジションの魅力・やりがい 現在最も注目されているAI・機械学習の活用、およびこれを支えるプラットフォーム構築の推進(DXの推進)を、全社横串しで最前線で経験できます。「カワる、サキへ。」を達成すべく、高度な先端技術にチャレンジし、試行錯誤しながら社内実践適用していく部門であり、困難な局面も多いですが、達成した時の充実感は非常に高いです。 
資格 【必須】
 Ν共に
・大学卒業以上
・AI・機械学習・データ分析の技術

△里
・プロジェクトリーダーや組織マネジメントの経験

【歓迎】
・製造業におけるデータ活用による業務改革経験
・TOEIC600点相当以上の英語力  
勤務地区 兵庫地区 
勤務地 明石工場 
勤務時間 8:00〜17:00(休憩60分)
※フレックスタイム制、コアタイムなし 
給与 年収550〜1100万円

【モデル年収】
約530万円/25歳(月給約28万円+賞与+時間外労働手当)
約700万円/31歳(月給約35万円+賞与+時間外労働手当) 
約890万円/36歳(月給約45万円+賞与+時間外労働手当)
約920〜1050万円/40歳・基幹職(月給約53万円+賞与)
※基幹職については時間外労働手当なし、その他は20hを想定
※上記はモデル例であり、ご経験や期待役割に応じて決定  
休日休暇 / 福利厚生 <休日休暇>
【年間休日125日(24年度)】※当社カレンダーにもとづく
完全週休二日制(土日)、祝日、労働祭(5月1日)、年末年始、夏期休暇、有給休暇(初年度22日)、慶弔休暇、育児・介護休業(最長3年)、リフレッシュ休暇など
<福利厚生>
施設:独身寮、社宅、保養所、診療所、グラウンド
制度:財形貯蓄、従業員持株制度、カフェテリアプラン(年間約10万円相当の補助)、自社製品割引販売(バイク、ジェットスキー)など
<社会保険>
労災保険、雇用保険、厚生年金保険、健康保険
<その他>
入社後3カ月間の試用期間は試用社員としての雇用(労働条件は試用社員・正社員で相違無し)。
試用社員と正社員の相違点は以下となります。
・休暇=年次有休/リフレッシュ休暇なし
・退職金=算定期間は正規社員登用後から開始
<受動喫煙防止措置>敷地内禁煙(屋内外喫煙可能場所あり)
<変更の範囲>
従事すべき業務の変更の範囲 :会社の定める業務とする
就業場所の変更の範囲 :会社の定める場所(リモートワークを行う場所を含む)とする

◆◆企業概要◆◆
<設立>1896年 10月
<資本金>1,044億84百万円
<売上高>1兆8,492億87百万円(2024年3月期)
<従業員数>39,689名(2024年3月31日現在)
<上場>東京証券取引所プライム市場
<本社所在地>神戸市中央区東川崎町1丁目1番3号 (神戸クリスタルタワー)
<事業内容>
川崎重工グループは、設立以来120年以上にわたり最先端技術に挑み、数々の「世界初」「日本初」を世の中に送り出してきました。
・航空機はもちろん人工衛星まで手がける航空宇宙事業。ガスタービンやバイオマス発電でエネルギー関連事業
・精密機械やロボットに加え、各種プラントやごみ焼却設備、産業機械など幅広いエンジニアリング技術を必要とする様々な事業
・新幹線・ニューヨーク地下鉄などの鉄道車両事業や液化水素運搬船やガス燃料船等ガス関連船などの船舶事業
・さらにカーボンニュートラル実現に向けた水素エネルギー普及を見据え、40年以上培ってきた技術・ノウハウを活かした水素事業 


職種一覧ページに戻る